名取圃場の放射能測定結果と出荷判断について

2011.12.28

名取圃場に於ける綿、綿の茎、土壌、空間に対する放射線測定結果をご報告します。

検出機関:東北大学 理学部 物理学科 原子核物理研究室
試料採取日:平成23年11月25日
採取場所:宮城県名取市下増田耕谷後 40aのうち2カ所

試料測定機器:ゲルマニウム半導体検出器

試料1:地表面を5cm削ったうえで、20〜30cmうねって作付けした地点で採取した試料
試料2:地表面は削らずに20〜30cmうねって作付けした地点で採取した試料

検査結果:ゲルマニウム半導体検出器

空間線量測定機器:NaI シンチレーションサーベイメータ

検査結果:空間線量測定機器:NaI シンチレーションサーベイメータ

綿に関して、いずれもセシウム134/137は検出限界値を下回り、検出できませんでした。
従って、収穫された綿の移動について問題ないと判断します。
綿は、紡績(糸に紡ぐ行程)工場へ移動します。
糸の出荷段階で、改めて、放射線検査を行い、またご報告いたします。